日本茶のあるライフスタイル

〜心も体も健康に!日本茶が、あなたの()(そう)()(けん)を呼び覚まします〜

急須で淹れたお茶は美味しいだけではなく、心と体を解きほぐし、美容や健康の手助けをしてくれます。

 

美しくなりたい時

・美肌効果
緑茶には肌を美しくしてくれる成分がたっぷり入っています。
まず、シミを防いで美白を促し、毛穴を目立たなくし、のキメを整えてくれるビタミンC。緑茶に含まれるビタミンCは熱で壊れにくいので、お湯で淹れても安心です。
次に、殺菌作用がありニキビの炎症や悪化を防ぐ働きがあるカテキン。収れん作用もあるので、化粧水のように直接皮膚につければニキビ予防や毛穴の引き締めにもなります。さらに肌を健康な状態に保ち、潤いのある肌へ導くビタミンA。ただしビタミンAはお湯に溶けないので、抽出した後の茶がらを食べたり、粉末にした茶葉ごと飲んだりするのがオススメです。

・アンチエイジング効果
ビタミンCやカテキンには強い抗酸化作用(体の中のサビとも言われる活性酸素を消したり、発生を防いだりする働き)があるので、シミやニキビの予防だけでなくアンチエイジングにも効果があると考えられています。特にカテキンはコラーゲンやエラスチンの回復を促すので、シワたるみ対策にオススメです。同じく抗酸化作用のあるビタミンEも入っていますが、ビタミンA同様、お湯には溶けないので茶がらや茶葉粉末ごと摂取しましょう。
 

痩せたい時

・脂肪吸収を抑える効果
カテキンには食事で摂取した糖分や脂肪の吸収を妨げる効果や、コレステロールの上昇を抑える効果も、ダイエット時に感じがちなイライラを抑える効果もあります。
ただし、空腹時に緑茶を飲みすぎると胃を荒らす恐れがあるので、飲むのを少量にするか、濃さを調整し、少しだけ何か一緒に食べると良いでしょう。さらにタンニンは脂肪を分解する酵素の働きを高め、サポニンは糖質や脂肪の吸収を抑えて体外へ排出させるのを助けます。

・脂肪燃焼を促す効果
運動すると人の体は脂肪より先に糖の燃焼を優先しますが、運動の30〜40分前に緑茶を飲むと褐色脂肪細胞が活性化し、脂肪を優先して燃焼してくれます。この時、冷たい緑茶よりも暖かい緑茶にすればさらに燃焼効率はアップ。

・デトックス効果
急須で淹れた緑茶は腸内で悪玉菌を抑え、ビフィズス菌などの善玉菌を活発にすることから、便秘に効果的です。また利尿作用によるむくみ解消も期待できます。
 

癒されたい時

・リラックス効果
緑茶には覚醒作用のあるカフェインが豊富ですが、興奮抑制作用のあるテアニンも含まれているので強い興奮状態にはなりません。眠気を抑え、集中力を高めつつも、穏やかな気持ちにしてくれます。テアニンを摂取した人間の脳波を測定すると、アルファ波が上昇する測定結果も出ました。また、お茶の香りにはアロマテラピーの効果もあり、香りをかぐだけでも心が落ち着きます。

・快眠効果
「寝る前にお茶を飲むと眠れなくなる」とは良く知られていますが、緑茶に含まれるテアニンには眠りの質を高めてくれる効果があります。水出し緑茶なら、カフェインを抑え、テアニンを豊富に抽出することが可能です。夜ぐっすり眠れない時は、寝る1時間前の水出し緑茶がオススメ。温かいお茶が飲みたい方は、水出し後に温めましょう。

・疲労回復効果
ビタミンCやカテキン、カフェイン、アルギニンなど、緑茶には疲労回復効果のある成分が豊富ですので、オリンピック選手やプロのアスリートもトレーニングに活用しているそうです。
緑茶の疲労回復効果 日本補完代替医療学会誌 Vol. 10 (2013) No. 1
 

健やかになりたい時



・殺菌効果
緑茶には強い殺菌効果があり、風邪やインフルエンザ、食中毒、口臭などを予防する働きがあります。飲むのはもちろん、冷ました緑茶でのうがいも効果的です。ビタミンが豊富で免疫力を高めてくれるので、風邪などで弱った体にも良いでしょう。

・さまざまな生活習慣病に
血中コレステロールが増えると動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。緑茶に含まれるタンニンにはコレステロールを抑制する効果があります。また、同じくカテキンには脳卒中の原因となる高血圧を抑制する効果や、血糖値を下げる効果があります。緑茶さえ飲めば病気が治るものではありませんが、予防のために毎日少しずつ飲みたいものです。
緑茶カテキンによるヒトがんの化学予防 化学と生物 Vol. 46 (2008) No. 11

・その他、日本茶の健康力
ある調査によると、急須で淹れた緑茶を一日10杯以上飲む人は、飲まない人に比べてがんにかかる確率が半分に減少したそうです。それ以外の多くの疫学や動物実験結果でも、緑茶にはがん予防効果があると示しています。「カテキン」にる抗酸化作用や抗がん作用が日進月歩で研究され、さまざまな病気にも効果があるという報告があります。その昔、「薬」として飲まれていた日本茶の効能が現代の科学により数多く証明されています。
    

オシャレなフィルターインボトルで冷茶美人

「フィルターインボトル」

女性目線の簡単便利な美味しい冷茶を楽しむスタイリッシュなボトルです。
使うお茶の葉は水出し茶用ではなく、普段使いのお茶の葉でOKです。
茶葉を10g程度入れ、「水」「氷」を入れ抽出。1時間程度冷蔵庫などで冷やしてお楽しみ下さい。
フィルターがあるため、そのまま注げます。お茶の濃さはお好み調整。水や氷を足して一日中、美味しい冷茶が出来ます。フタ部分はシリコーンゴムになっており取り扱いや洗い方も簡単です。
昨年メディアで「冷茶の健康機能」が紹介され水出し緑茶がブームになりつつあります。第2の急須と呼ばれる「フィルターインボトル」。このオシャレなボトルを選べば、洋食や洋風のインテリアともマッチします。また水出し茶の場合はカフェインが出にくいので、妊娠されている方や小さなお子さん、授乳中の方でも安心して飲用していただけます。



・美味しい冷茶の理由
お茶の健康機能と聞いたら、「カテキン効果」ですが、水出しの場合は高温抽出ではないので渋みのカテキン成分は出にくくなります。逆に熱いお茶以上に、うまみ成分の「テアニン」が際だち冷茶のまろやかな深い味わいを演出します。

・水出し緑茶の強み。免疫力向上「エピガロカテキン」
カテキンの中でも免疫力向上に効果のあるエピガロカテキンが、冷茶では豊富に抽出されます。エピガロカテキンを摂取すると体内の免疫細胞マクロファージが活発になります。感染症などの病気にかかりにくくなり動脈硬化などにも効果が期待される成分です。

・通な楽しみ。自宅の急須で「氷水出し緑茶」
もちろんご自宅にある急須でも極上冷茶が楽しめます。オリジナルの極上冷茶でエピガロカテキンを吸収しましょう。安価なお茶や深蒸し茶よりも甘味うま味成分や香りが豊富なワンランク上の煎茶がおすすめです。いつもより少し多めの茶葉を急須に入れ、飲用グラスに適量の氷水を用意。茶葉の入った急須に氷水を移します。長めの抽出(5分以上)待ち、最後の一滴までグラスに注ぎます。2煎目も、もちろんお楽しみ下さい。茶量、水量、抽出時間はお好みで調整下さい。
 
 <花粉症に効果があると話題の「べにふうき」緑茶>

お茶に含まれるカテキンはアレルギー症状に効果的ですが、なかでもメチル化カテキンと呼ばれるカテキンの一種は、花粉症の症状緩和に効果的であるという研究結果が出ています。

このメチル化カテキンを多く含んでいるのが、「べにふうき」というお茶の品種です。
ティーバッグタイプのべにふうき茶もございますが、ティーバッグだと熱湯で煮出さないとメチル化カテキンは抽出されません。新緑園の「べにふうき」は粉末茶ですので、メチル化カテキンを効果的に摂取することが出来ます。

 




※一部地域を除きます。
送料について詳しくはこちら

グループから探す


カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

茶鑑定力9段 黒木信吾

一年中変わらず高品質なお茶をお届けするために、そしてお客様のご要望にお応え出来る様に、安心安全で品質管理も徹底しながら、毎日のお茶作りに励んでおります。
どうぞ新緑園ならではの、甘味と香りをお楽しみ下さい。 ご自宅用だけでなくお中元やお歳暮など、大切な方へのギフトとしてもおすすめです。