ほうじ茶

ほうじ茶とは緑茶の一種で、煎茶や番茶などを赤茶色になるまで強火で焙(ほう)じたもの。
焙煎火入れ行程において焙じられたほうじ茶には300 種類以上の香りが封印され、お湯に抽出した時、一気に放たれる香りがリラックス効果の高い癒しと空間を創ります。
新緑園の「特撰 ほうじ茶」は茶匠黒木による厳選原料をブレンドし、原料の長所をさらに伸ばす自社火入れ焙煎。苦みや渋みがないので飲みやすく、優しく口に広がる味わいが特徴で、初めての方にも「おいしい!」といって頂ける商品です。

ほうじ茶



【HJ5】釜炒りほうじ茶150g 540円(内税)
釜炒り茶を焙じました。高温抽出でも水出しでも美味しく飲めるほうじ茶は低カフェインで妊婦さんや赤ちゃんにもおすすめです。

【HJ7】特撰ほうじ茶80g 756円(内税)
上質な白折茶特有の焙じ香が格別です。ほうじ茶の甘みも追求した商品。フィルターインボトルでの水出しほうじとしても大変ご好評頂いております。ぜひ一度お試し下さい。


ほうじ茶には、ストレスで疲れた心と身体によい健康効果、美肌やダイエットにも効果があると、注目されています。

ほうじ茶


効能1 ほうじ茶の香りのパワーでリラックス

効能1 ほうじ茶の香りのパワーでリラックス ほうじ茶に含まれる香り成分ピラジンにより、脳がリラックスモードに入ると言われます。

ほうじ茶のリラックス効果を最大に引き出すには、香りを出すために沸かしたての熱湯でいれるのがおすすめです。


効能2 疲れた体をしっかり休める安眠効果

夜PCやスマホを見たりすると、なかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまったりしますね。ほうじ茶には、睡眠の質を改善し、体をしっかりと休ませてくれる働きがあります。ほうじ茶は、高温で焙煎することにより、緑茶や紅茶、コーヒーなどと比べると、カフェイン含有量が少なく体に刺激が少ない飲み物です。

ほうじ茶と牛乳でダブルの安眠効果
簡単おいしいほうじ茶ソイラテの作り方

①牛乳を200mlカップに入れ、電子レンジなどで温めます。
 沸騰させないよう注意しましょう。
②片手鍋に水150ml入れて火にかけます。
③沸騰したら弱火にし、ほうじ茶を大さじ3入れます。
④お湯が100mlくらいになるまで濃い目に煮立てます。
⑤①のカップにこしながら注ぎ、はちみつやメープルシロップを大さじ1混ぜ溶かします。
※甘いものが苦手な人は、最後の甘みは入れなくても大丈夫です。冷え性の人はしょうがを入れるのもおすすめです。


効能3 ほうじ茶を飲んで血流改善

ほうじ茶を飲んで血流改善 ほうじ茶の香り成分ピラジンには血流を改善してくれる働きもありますので、冷え性の方に特におすすめです。また、血流が改善されることにより美肌効果も期待できます。









※一部地域を除きます。
送料について詳しくはこちら

グループから探す


カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

茶鑑定力9段 黒木信吾

一年中変わらず高品質なお茶をお届けするために、そしてお客様のご要望にお応え出来る様に、安心安全で品質管理も徹底しながら、毎日のお茶作りに励んでおります。
どうぞ新緑園ならではの、甘味と香りをお楽しみ下さい。 ご自宅用だけでなくお中元やお歳暮など、大切な方へのギフトとしてもおすすめです。