まだまだ寒い日は続きますが、立春を過ぎれば暦の上ではもう春。
早く暖かくなってほしい反面、この時季、気になるのが花粉症です。



薬で症状を抑える方も多いと思いますが、眠気や頭痛、吐き気など副作用もありますので、
お子さんや妊娠中の方はもちろん、仕事や車の運転中も避けたいものです。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、新緑園の「べにふうき」です。





ティーバッグなど茶葉の商品も流通していますが、茶葉は煮出す必要があり、
毎日召し上がるには手間がかかります。

粉末タイプは手軽で、茶葉を丸ごと飲むことが出来るのでおすすめです。
新緑園の「べにふうき」で、ぜひ健やかに春の訪れを迎えましょう。


 

べにふうき粉末茶 販売価格1,080円


抗アレルギー作用で注目されたメチル化カテキンが豊富な
「べにふうき」

1.4g×30本入り
効果が期待できるカテキン量を計算し商品化しました。
1日3本摂取する計算で10日分です。
 
ご利用方法
 *空腹時を避けて、朝、昼、晩(1日3本)、200cc程度のお湯に溶かして飲んで下さい。
 *飲みにくい場合は、濃さを調整して飲まれてかまいません。
少しでも有効成分が出易い様、冷水でなくお湯に溶かしてご利用下さい。
最後に粉が残らない様よく混ぜて下さい(熱湯の扱いにご注意下さい)
事前にお湯に溶かして、時間の経ったものを持ち歩く等、後では飲まない様にして下さい。
人によっては30分後くらいから効果が見られる様です。
その効果の持続時間は3,4時間と言われています。
 

べにふうきQ&A

 Q1.「べにふうき」って何ですか?
A1.お茶の品種の1つです。
お米で、コシヒカリやあきたこまちがある様に、お茶にもヤブキタ、サエミドリなど色んな品種があります。
 
 Q2.なぜ花粉症に効くんですか?
A2.「メチル化カテキン」という抗アレルギー成分が、べにふうきには多く含まれており、花粉症やアレルギー症状を軽減させる働きがある事例が多く報告されています。
 
 Q3.べにふうきのティーパックの商品もありますか?
A3.ティーパックは時間をかけて煮出す必要があり、手間がかかります。
粉末茶はその点は手軽で、葉っぱごと飲むので成分が多く吸収出来ます。
また粉末の量も当商品の通り1.4g程度あった方が、効果が出やすいと言われています。
 
 Q4.誰にでも効果はありますか?
A4.これは、治療薬ではありません。
自社アンケートでは、約70%の方が症状が軽くなったなどの結果が出ています。
色んな研究でも、飲み方をしっかり守れば、同様の数値で結果が出ています。
*貧血の薬を飲まれている方に、このお茶の飲用はお勧め出来ません。

 





※一部地域を除きます。
送料について詳しくはこちら

グループから探す


カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

茶鑑定力9段 黒木信吾

一年中変わらず高品質なお茶をお届けするために、そしてお客様のご要望にお応え出来る様に、安心安全で品質管理も徹底しながら、毎日のお茶作りに励んでおります。
どうぞ新緑園ならではの、甘味と香りをお楽しみ下さい。 ご自宅用だけでなくお中元やお歳暮など、大切な方へのギフトとしてもおすすめです。